穂高養生園雑記

穂高養生園へ3泊滞在してきました。
養生(リトリート)目的の施設ですが、山の多くの面積のあちこちに施設があり、景観が良いのに加えて、食事がビーガンにも対応できる動物性たんぱく質抜きのメニューですが大変手が込んでいて美味しかったです。

一般客の宿泊施設は、新館、里の宿でワークショップなどをする人は徒歩20分ほどの山奥にも宿泊施設がありました。もともと、人の話を聞く勉強の関係で橋本久仁彦さんが10月ころに非構成エンカウンターをここでされている関係で知ったのですが、来る機会がなく一度来てみたいと思っていました。橋本さんのイベントはどうしても7日で時間の都合がつかないのと、今年は開催されないので、いっそ一人で行こうと計画しました。

一般客の宿泊はMAX人数もおそらく少なく、新館はたぶん8人~10人くらいだと思います。新館に2泊宿泊、3日目は新館が休館するので3日目は里の宿に宿泊しましたが、多くがリピーターでかつ一人旅の方でした。もちろん、ご夫婦やご友人でお越しになっている方もいます。
お若い方からシニアの方まで良い方たちに恵まれて、新館では消灯の夜10時までずっとホール横のドリンク場のところで話をしたり笑ったりしていました。

基本的に療養なので、ごはんは一日2回、食器は各自で洗います。ごはんは本当に手が込んでいて、食べ始めるとメニュー考えて作った担当者が「食べたままでよいのでご説明します」といって、今日のごはんの説明をしに来てくれます。
アルバム作って貼りましたのでよければご覧ください。

朝は、自由参加のヨガや森林散歩がありました。

一つ残念ではないけど、夜空があまりにきれいなので、「これはライブコンポジットを撮らねば!」とセッティングしましたがうまくいきませんでした。
普段たまにライブコンポジット撮影はやっているので、操作はなんなくできたのですが、撮影はじめて30分後くらいに戻って画像見たら星の軌跡はでてるけど、なぜかだんだん軌跡が薄くなってるー。なぜ??と思ってもう一度セッティングしたけどやっぱりフォーカス上手く合わない・・・そのまま3時間半我慢したものの、上手くいかないので諦め、宿に戻るために三脚からカメラを外したらレンズ内部が(おそらく寒さで)真っ白に曇ってましたー!
レンズって寒いとこで曇るんだ!寒いところで撮影したことがないので知らなかった・・・・。
後で、写真クラブの方に話したらレンズ用の保温テープやカイロ巻かないとレンズは寒暖差に弱いよと教えてもらいました_| ̄|○

次回はしっかり準備していこうと思います。

本当にとてもよいところでした。
機会があればぜひおすすめの場所です。