Onedrive規約変更

onedrive

私には、Onedriveが仕事とプライベートにかかせません。
ONEDRIVE(ワンドライブ)はオンラインストレージといわれるインターネット上の自分専用倉庫なのですが、マイクロソフトの無料アカウントを取得すると自動で作成されます。ここに画像や音楽を乗せると、タブレットやスマホから閲覧したり操作できます。

これが使いやすいのは、パソコンから自動設定をしやすいことにあります。私はwindows8までは、専用のソフトを入れて手動設定していましたが、8.1からは、使いやすく同期の速度もよくなりました。

今は、初期から使用していたユーザーへのロイヤリティ特典混みで、40GBを無料プランとして使用しているのですが、今日確認したら、マイクロソフトの規約変更で、カメラロール15GBと無料オプション10GBが7月末に消去らしい・・・。
25GB減るって大きい。(カメラロールは5GBくらいのこるかもしれないけど)
ちなみに、今はアンドロイドタブレットを紛失しているので、代替え用のipadからカメラロールを設定しています。

Office365というグループウェア出してから、マイクロソフトのクラウドの制限が強気になってきたように感じます。365同時利用で1TBプラン/月額1200円くらいをすすめたいんだろうなあ。

今自分が、無料でメインで使用しているクラウドストレージは、
Onedrive 40GB
NIKON 20GB
CANON 20GB
+一部自宅NAS(無料って言い方変だけど)
の4つなのですが、どんなデータ形式でも置ける大きめクラウドは2つくらい確保したいので困っています。

現在他に無料使用できるのは、GoogleドライブとAMAZONDRIVEだけど、どれも、サービス格下げ後のonedriveと容量はそう変わらないのですよね。
今確認したら、WEBサイト用に月額428円で借りているレンタルサーバー容量が120GBのうち、かなりあいているので、ここを安心安全に使いやすく設定できないか検討中です。

大企業には、無料でよくお世話になるけど、頻繁にサービス内容が変更になるのでその分振り回されてばかり。
それでも便利なものをコストよく提供してくれるのはありがたいですね。

また、昨日ご対応させていただいたお客様に、クラウドの初期容量を現在のものでお伝えしていますので、フォローメールをお送くりしないといけません。
今は、使える便利な無料サービスが多いので、自分にあったものを上手く活用してくださいね。