映画制作勉強

昨年末から映画制作の勉強を始めました。
自主制作映画を半年かけて1本作るものです。

先週、撮影に行ってまいりました。このご時世なので全員がっちり対策をし、監督からはみっちりと「少しでも体調が悪くなったら帰宅すること」と言い含められたうえでの撮影です。

私は高齢新人で現場で何も役割がないので記録係をしたのですが大変でした_| ̄|○
1本の映画を作るのに、まず台本で複数にシーンが分けられています。今回は30シーン。
場面によって変わるのかな…。そのシーンを数カットに分けて、ひとつづつ撮影するんですが、「〇シーン_〇カット」をテイク1からOK出るまで撮影するんです…知らなかった…ていうかすごく大変だ。

先輩メンバーが記録方法を教えてくれて、交代でやったのですが、1日目でフラフラになり、でも倒れられないので帰宅後ダッシュで寝て、2日目また参加しました。
15分くらいの短編映画ですが、トータルで120~撮影しました…え、そんなに少なかった?もっと普段多いけどって言われました。
間違えてたらどうしよう_| ̄|○

撮影終わって、現在は編集です。制作リーダーが中心になり、今回は私は編集に加わりました。
特殊効果担当になりました。がんばる(できる範囲で)
皆社会人なので、編集も集まれる時でないとできません。
まだ終わってないけど頑張ります。
下はテストで作成したホログラムと実写合成。
初めてだけど、それにしてはうまくできたと思う。近未来の映画です、楽しみ。

そして縁というのは不思議だなと思うのは、昔からSF映画を見ていてホログラムやレーザーガンなどの表現に興味があって、作ったことはなかったけど、どうやるか考えてはぽちぽちパーツを集めたり作ったりしていたんですよね。
なので今回実は、特殊効果係は、自分が知らないうちになっていたのですが、シビアな評価が下される場ではないのもあいまって、あまり慌てませんでした。むしろ機会があってよかったなと思っています。
できなかったらごめんねって言えば大丈夫だと思います。(そう言われました気が楽…)