音楽

SPW500のレビューなど

VECLOS SPW500 レビューなど

昨日は教室へお越しのお客様がいたので教室へ行きましたが、街に人が戻っている感じがします。ただ、自宅待機も結構板につきました(ついたらだめだけど)

自宅で過ごす時間が増えたので、デスクトップ用のスピーカーをBOSEサウンドリンクから上のVECLOSへ変えました。
パワフルなパノラマサウンドと面白い形(あと価格さがった)なので、今回は以下について書きます。

  • VELCOS SPW-500WPの簡単レビュー
  • 個人的におすすめ2万以下のスピーカー

SPW-500WP 簡単レビュー


いきなりでご存知の方もいると思いますが、このVECLOSは今年3月にサーモスのオーディオ事業終了とともに生産中止になっています。
今回、終了のためにVECLOSが価格が下がったので購入したのですがよかったです。

サーモスらしいユニークな形(魔法瓶みたい)と性能のスピーカーなので一度使ってみたかったのが、こういう形で実現したのが残念。

サーモスオーディオ事業終了のお知らせ

魔法瓶のサーモスが開発したフルレンジのワイヤレスポータブルスピーカーです。

ポータブルスピーカーなので、そのままモバイルデバイスのスピーカーとして使用もできますが、パッシブラジエーターも備えていて、奥行きのあるサウンドと同時に防水機能もあります。強みはミニシアターのようなパノラマサウンドです。

SPW500のパノラマサウンドには、2019年公開された、Dirac Research社の「Dirac Panorama Sound」を搭載しています。実際に聞くと、この立体感はすごいですね。

サーモスがオーディオ事業を展開したことを知ったときに、正直「え、魔法瓶の会社がなんでオーディオ・・・」とか思いましたごめんなさい。
でも実際ヘッドホンを試聴して気合の入った音だな!という印象のサーモスの本気を見たのと、オーディオアクセサリで何度も受賞する力量でレビュー記事も好感触のいいものがそろっています。

このスピーカーは形が面白く、タブレットなどのポータブルスピーカーとして端末の後ろに置くと邪魔になりません。個人的には、音楽もいいですが映画などを閲覧すると、広がりのあるまさにミニシアター的な音を楽しめました。

APTXにも対応しているので、モバイル端末が対応している機種ならbluetooth接続の際にはAPTXで接続するといいでしょう。
接続端子もシンプルで、背後の端子は電源用の端子と有線用のAUX端子のみです。

VECLOS+ipad
VECLOS後ろ

私はポータブルDACに接続してデスクトップスピーカーとして使用しています。

DAC+VECLOS

この形から想像できるように、spw500は正面で使用すると一番いい音が楽しめます。

スピーカー部
使用スピーカー直径40mm、フルレンジ ×2
エンクロージャー方式パッシブラジエーター型
アンプ部
実用最大出力8W+8W
Bluetooth
通信方式Bluetooth 標準規格 Ver.5.0+EDR*1
出力Bluetooth 標準規格 Power Class2
最大通信距離約10m*2
登録台数8台まで。9台目のペアリングを行うと、接続した日時が最も古い機器のペアリング情報が削除されます。
使用周波数帯域2.4GHz帯(2.4000GHz ~ 2.4835GHz)
対応Bluetoothプロファイル*3A2DP、AVRCP、HFP、HSP
対応コーデック*4SBC*5 、AAC*6 、aptX
対応コンテンツ保護SCMS-T方式*7
マイク部
型式エレクトレットコンデンサー型
指向特性全指向性

忌憚のない意見を言うと、オーディオ事業が終了したのはサーモス全力だしすぎたのではと思います。だってパイオニアとDirac Researchの技術でデザインもきれいで、元の価格3万くらいでコストが良すぎる・・・とかは思う。続けてほしかったなー。

2万以下おすすめスピーカー

個人的な独断と偏見の2万以下のスピーカーについて。
2万というのは、定価が2万でも市場やネットでは、2万以下で購入可能なものにしますね。

BeoplayP2 バング&オルフセン




BeoplayP2 バング&オルフセン

バング&オルフセンは、メーカーの傾向として温かみのあるおだやかな音と思います。耳に心地よい感じ。
こういう書き方をしていいかわからないのですが、BeoplayP2に関しては、個人的な感想で同価格程度のBOSEのコンパクトスピーカーよりも良い音だと思います。BOSEは物によって音の良しあしの差が大きいように感じます。(好きだけど)

定価は20260円ですが、名古屋の方は、今月6月21日まで名古屋三越のバング&オルフセン売り場で2割引きです。売り場が撤退するんですよね・・・買いと思います。


Amazon BeoplayP2 バング&オルフセン

SRS-XB32 Sony



SRS-XB32 Sony

ピュアオーディオから完全撤退(だよね)、AVとポータブルに移行してるよねのSONYです。商品が多すぎて、全部聞いていませんのでたまたま聞いたものですみません。

新製品も次々出るので、Sonyの商品に関しては、正直購入するならショールームなどでがっつり聴き比べしてからの方がよいと思いますが、とりあえずSRS-XB32。

この体躯でしっかりした音が聞けます。SONYのこの価格帯の音は、良くいうと癖がない、いいかえるとフラットでプラスチックぽい音ですが、このスピーカーは広がりがあってよいとおもいます。

amazonにリンク張ったけど、価格が2020年6月現在なんかおかしい高いわ。上のsonyの直ストアで購入した方が安いです。


Amazon SRS-XB32

SPW-500WP

上で紹介したスピーカーです。

元は3万ほどですが、今は生産終了で1万円台におちています。好みがある音と思うので、サーモス未試聴の方は実機を聞いてからの方がよいと思いますが、私は好きです。
生産終了なので破損時のパーツや修理も限界があるリスクがあるわけですが、そのあたりも了解すればおすすめです。


Amazon VECLOSホワイト


Amazon VECLOSブラック

Close Bitnami banner
Bitnami