4~5月に携帯からスマホへ移行しました。
私は現在、docomoで2回線契約しており、1つは仕事用、1つはプライベートで使用しています。

半年ほど過ぎたので現在のスマホ使用料だしてみました。どちらも定額ですが、ショートメールの頻度で課金されます。お客様にSMS使う方も多いので、結構課金されます。
仕事用はだいたい1月3300円くらい、プライベートは2900円くらいです。インターネット回線は、沢山使う方なので別にポータブルルーターで補っています。

元々auだったのが、2in1機能(1台で2回線使える)のあるプランがdocomoしかなくてdocomoに移動したのに、かけ放題プランが出て「これはお得じゃないか」とすぐに切り替えたら、かけ放題と2in1は同時契約できないので別回線で契約してくれとか言われてショック受けながら携帯2台持ちになりました。

その後 、やっぱ携帯よりスマホが使いやすそうだな・・・とデュアルSIMスマホに移行する機会を淡々と狙っていましたが対応するスマホが少なくてもういいや・・・となり、なるべく安くなるようにスマホ2台に切り替えました。(その後、その頃出たiphoneの仕様を後で確認したらデュアルsim対応だったことに気づきました・・・Android好きだからいいけど!)

仕事用回線

プライベート回線

ポータブルルーターの使用料:
月5GB~18GBを外出先で使用します。
容量無制限で、直近3日で10GB超えると8時間低速になる月額4100円くらいのプラン契約をしています。外でのネットは、スマホもタブレットもモバイルパソコンもこれ1台のルーターで補っています。

インターネット(Wifi)

5月-10月に以前からの()総務省からの勧告で、docomoはじめau・ソフバンのキャリアがプランを変えましたが(便乗してWIMAXとかキャリアじゃないとこも変えましたね)、ここ数年、自分が見ていてもキャリア会社は終わっていきそうな気がします。
回線の技術も進みましたし、昔から格安通信はありましたが、格安通信・スマホ業界の伸びがすごく、出たころは酷かった格安スマホプランも今はいいものもあります。キャリアと比較すると、キャリアには利益を取ることができる部分が難しいように思うのですよね。
普通に使うだけなら別にストリーミングでキャリアの爆速回線大容量使う必要はないですし・・・メリットは品質がいいことでしょうか。



また、4-5年くらい前からお客さまや知人友人の付き添いで窓口に行くことがありますが、やむをえないことかもしれませんが、キャリアの窓口対応のスタッフの質が全体的にひどく落ちてきていると感じます。これは本当に実感します。

少し愚痴ってしまうと、1月ほど前に某ショップにお客様の付き添いでいった時は、 胸に「プロフェッショナルスタッフ」みたいな、接客か知識かわからないけどステキバッジを胸に付けたスタッフさんが、お客様が近所に指定していたマイショップを勝手に変えて事後報告だったり(←事前に変えてもいいか確認しなければいけないはず)、お客様が聞いた条件でもう少し下げられる組み方ができるはずのところを高いプランの方「しか」伝えなかったり(聞けば教えてくれるけど)されました。
当然誠実なスタッフもいますが、最近はその割合が少なすぎる気がするのは忙しいのもあるのでしょうか。


スマホタブレットの本体の技術も上がり、半導体も進化し、インターネット回線の技術も上がることでコスパはよくなっているので、余裕があれば選択肢を比較し、わからない部分があったら調べたり聞いたりして決めるとよいと思います。